火入れの儀式 - にわかキャンパーのひとりごとⅡ

火入れの儀式

2013年07月24日 23:01

先日、購入した新ランタン(中古ですけど)に火入れをして来ました。

MODEL: PRIMUS IP-3257CA
IMGP3819.jpg

本来ならば、純正のマントルがあるのですが・・・
既に廃盤となっており、貴重な品ですので、もったいぶって使わず
あえて今回は、巷に溢れているコールマンの#21マントルでトライ!
(皆さんは、純正のマントルを使いましょう)
空焼きしてみたところ・・・
ちょっと、小さかったみたい。(^_^;)
次回は、もう一回り大きいので試して見ましょう。

それでも、何とか点きそうでしたので、

着火!

IMGP3824.jpg

いい感じです♪

やっぱり、ランタンはクリアのガラスホヤがいちばんいいですねー(^^)
おまけに、下部の穴から漏れる光の具合がなんともいいです。
一気にこのランタンの好感度がUPしましたぁ~
光量もグースネックの効果か?とても明るかった!
夏のランタンはこれで決まりですね♪

写真に収めたところで、、、
今回はソロキャンです。
大型ランタンは必要ないので
すぐに小型のIP-2245にバトンタッチ。

こんなことして、遊んで喜んでいられるのもソロキャンのお陰かな?
普段だったら、ランタンが煌々と点いているのが当たり前で
(暗ければ、文句が出ますが・・・)
うちの誰も、その存在に興味を示してくれませんからね・・・

満足。満足。(^^;
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事