ドア内張り補修 - にわかキャンパーのひとりごとⅡ

ドア内張り補修

2015年04月02日 23:22

以前にロードスターのドアスピーカーを交換しようとして
ドアの内張りを剥がしたときに気づいてしまいました。
内側、腐ってる・・・(涙)

P3310124.jpg

しかも、内張りを上下で繋いでいるビスの殆どが効いていない!?
受け側の樹脂が経年劣化で割れてしまい、
殆どのビスが効いていなかったのです。

P3310126.jpg

そこで、前回登場の「プラリペア」の出番です。
この威力は前回のランタン修理で実証済みなので、安心してGO!

P3310127.jpg

初めに固定用の木ネジのネジ部に固着防止のため、あらかじめ5-56を塗っておきます。
そのネジを受け側にはめて、ネジを埋めるかのように、ネジ周りをプラリペアで盛っていきます。

P3310131.jpg

硬化後にネジを回して取り出すと・・・
しっかりとメスネジ側が出来ています。
後は、バリをカッターで削るだけ

P4010133.jpg

ハイ!出来上がり。
これで、ネジが効いて固定が出来るようになります。
うす透明な部分が今回プラリペアで作った部分です。

P4010135.jpg

これで、グラグラ・ガタガタだった内張りも少しは落ち着くでしょう。
最後に、表側の汚れも落として、車に装着。

これで片側OK。

もう片方も同じように修復行います(^^;
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最近の記事