200A復活 - にわかキャンパーのひとりごとⅡ

200A復活

2008年10月15日 23:11

081015
前回のキャンプで、いざ使おうと思ったら、愛用の200Aのポンプがスカスカになっていました
そのままでは加圧が全然出来ず、当日は使うことが全く出来ませんでした。
まぁ、その場は他に違うランタンが一杯あった?ので問題はなかったのですが、
いざ帰って来て、ランタンのポンプを外してみると・・・

ポンプカップがボロボロで隙間だらけでスカスカになっていました
ここら辺が液燃の手のかかるところであり、また楽しいところなのでしょうか?
写真の右側の黒いのが外した純正の皮製ポンプカップです。
本来ならば同じものを、となるのですが・・・
私はあえて使用上の安心感をとり、現在のモデルに使われているラバー製のポンプカップに交換しました。組んであるのが新しいポンプカップです。部品は殆どが共通なのでこんなことが可能なんですね。
それに、見えないところですし、実用性を重視した選択結果ですね。
最後にリュブリカントという専用油を注入して作業終了
交換後は、しっかりと加圧感が伝わってきましたので、修理完了です。

これで、今週末は活躍してくれそうですよ
スポンサーサイト


コメント

  1. アッチ | URL | BNp6kJSU

    Re: 200A復活

    Tsunさんこんばんは

    先日は立ち話だけでしたが、お話できて嬉しかったです。
    あの後も仲洞爺はずーっと風が強くてカヌーは乗れませんでした(;-;)

    >私も最近ポンプカップいかれて交換しましたよ。
    そーなんですか?やっぱり消耗品として考えなければならないのですね~。
    私は液燃器具については、まだまだ勉強不足なので、今回は良い経験になりました(汗)

  2. Tsun | URL | TGlM3SUU

    アッチさんこんにちわ~
    仲洞爺ではど~も(^^)

    私も最近ポンプカップいかれて交換しましたよ。
    案外寿命短い物ですよね~

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://niwakacamper.blog56.fc2.com/tb.php/65-029bf9d3
この記事へのトラックバック


最近の記事